従業員の新型コロナワクチン接種に関して
人事担当者が知っておくべき8つのポイント

 

 米国大手法律事務所のモリソン・フォースターの調査によると、欧米やアジアなどの80社のうち、56%が出社や出張などの企業活動を正常化するには従業員の5割以上へのワクチン接種が必要と考えていることがわかりました 。
 日本でも働き方をコロナ禍以前に戻すなどの企業の経営判断には、社内での感染予防に加え、従業員のワクチンの接種率もポイントとなることが予想されます。

 ・企業活動正常化との関係
 ・ワクチン接種を推奨する場合に必要な配慮
 ・企業が取るべき対応手順

 

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。