中小企業における
パワハラ防止法適用の解説書

 

 2016年の厚生労働省の調査によると、過去3年間でパワハラ被害にあったと答えた人は全体の32.5%であり、当時は各都道府県への被害相談件数は急増傾向にありました。
 また2019年には女性の社会での活躍を推進することを目的に、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律などの一部を改正する法律」が成立しました。
 これらを背景に、全般的な職域でのハラスメント防止のための労働環境の整備が求められるようになり、パワハラ防止法が成立しました。
 

 ・どんな行為がパワーハラスメントにあたるのか
 ・事業主に義務付けられた取り組み
 ・具体的にどのような取り組みが必要なのか

 

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。