労働安全衛生法を担当者目線で理解する
ー企業が取り組むべきこととは

 

 労働安全衛生法は1972年に成立しました。当時は既に施行がなされていた労働法によって労働関連の規制がなされていましたが、高度経済成長期における労働災害の急激な増加や労働環境の変化を受けて、労働基本法から分離・独立する形で労働安全衛生法が成立しました。

 ・事業場の規模や業種に応じて設置が義務付けられている委員会と役割
 ・健康診断の種類と実施要件
 ・ストレスチェックの実施要件と手順

 

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。