「従業員の健康推進とデータ活用」に関する
アンケートレポート

 

 ストレスチェックの義務化や職場における受動喫煙対策の義務化など、社会は着実に“働く人たちの健康を気遣う”方向へと動いている。企業側の意識も法令遵守は当然ながら、従業員の健康増進に取り組むことで、「CSR(企業の社会的責任)」や「組織の活性化」を目指そうとする意識がこれまで以上に強くなってきているようです。

 ・3割が「健康情報のデータ収集後の分析」に課題あり
 ・4割以上の人事が「データ活用に対する経営層の理解が進んでいない」と認識
 ・気軽に導入できるクラウドサービスの活用が課題解決のカギに

 

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。